手彫りを超える機械彫り

印鑑イメージ

印鑑はどちらかというとアナログのイメージが強いですよね。
印鑑という原理そのものがかなりアナログでありますし、使われている印材や書体を見てもどちらかというとアナログチックな感じがしますね。

そんな印鑑に最近はチタン製というものが出てきているわけです。
さらに印鑑の最高峰といわれる象牙に比べれば、かなりお買い得です。

比較したら思わず、激安!と感じてしまうくらいなんですよね。

チタンは当然金属ですから、あまりアナログ的なイメージはありません。
どちらかというと、近未来の素材のような感じがしてしまいます。

妄想がさらにふくらんでいくと、印鑑が変形してロボットにかわるのではないかと思ってしまいます。
アナログ印鑑にはどう考えても、不似合いな印材だと思うんですよね。

それでもチタン印鑑が人気ある理由としては、やはり従来の印材に比べて、すぐれている部分が多いことではないでしょうか。
耐久性はもちろんのこと、値段だって手頃となれば、皆それを求めようと考えるでしょうからね。

以前だったらチタン製の印鑑は技術的につくれなかったのかもしれません。

ですが今は機械技術もとても進歩していますから、それによってチタン製の印鑑がつくれるようになったのではないでしょうか。
チタン製の場合手彫りは不可能ですから必ず機械彫りになります。

機械彫りは手彫りを超えることは出来ないなんていわれていますけど、チタンが彫れるまでに進歩しているとなれば、手彫り技術を上回るのもまさに時間の問題かもしれませんね。

〔おすすめ比較サイト〕

印鑑選びに迷っていませんか?
そんな方のために、印鑑の売れ筋を集めたサイトがあります!
レビューや人気ランキングからお求めの印鑑を安心価格でゲットしましょう。

《印鑑ネット》はあなたの印鑑選びをサポートします

ページの先頭へ